細胞のデトックス、クレンジング、リペアを考慮 サイエンスに基づく本格的な断食プログラムで 心・体・精神のバランスを調える

プロフィール

Ayaka Kamioka Sharp シャープ上岡あや伽
マインドフルトリニティ代表
ホリスティックヘルスエデュケーター

1969年高知県生まれ
国際ニュースチャンネルのオペレーションスーパーバイザーを経て、30代後半に長年の学びと経験を活かしホリスティックヘルスビジネスの世界へ。

ローリビングフード教室、デトックスリトリートの主宰・運営を通じて受講生&クライアントと向き合ううちに、現代人の心身のメンテナンスには、足すことや入れること以前に、先ずは出すこと、開放すること、手放すことが必要であるという考えに至り、デトックス&クレンジング、ファスティング、クレンジングダイエットとしてのリビングフードの学びと経験を深めるために、ブライアン・クレメンテ博士をはじめとするヘルスエキスパートに師事。アラン・レオナード・シャープと共に研究を重ね、Hippocrates Health Instituteのメソッドをベースに、日本人の体質や、現代の環境、細胞レベルからのデトックスを考慮した、低GI・果糖フリーのデトックス&クレンジングプログラム「マインドフルネスクレンズ」を組み立てる。

そのベネフィットの高さ、ナチュラルながらもサイエンスに基づく力強いアプローチ、ひとりひとりと向き合いながらの一段深いレベルのデトックス&クレンジングのガイドに定評を得て、首都圏を中心に北は北海道から南は沖縄までクライアントを擁する。

これまでの学び
・米国Hippocrates Health Institute認定ヘルスエデュケーター
・米国NLP(TM)協会認定NLPプラクティショナー
・米国Living Light Culinary Arts認定リビングフードインストラクター
・宇宙法則研究会一慧のクッキング師範科修了(穀菜食・お手当・食箋)
・KIJ認定クシマクロビオティックアドバイザー

他に、植物療法(曲加世子氏に師事)、心理療法、漢方やアーユルヴェーダなどの伝統療法、自然療法、ボディワーク、エネルギーワークなどを国内外で学ぶ。
現在はヨグマタ相川圭子氏のもと瞑想修行中。

自己紹介

子どもの頃から健康への関心が高く、「身体の中の悪いものを出せば健康になるのではないか、きれいになるのではないか」と、早くも毒出しに興味津々。
さらに、見えないものへの意識、信心深く四国八十八か所を繰り返し巡礼していた祖母の影響もあり、小学生の頃から般若心経を唱える、そんな子どもでした。

本格的にヘルスの学びをはじめたのは20代初め。
精油を用いたボディワークとヒーリングからのスタートです。
本業の傍ら、プライベートでは学びにエネルギーを投じ、海外と日本でボディワーク・食・伝統療法・心理療法など、包括的にホリスティックヘルスの探求を重ねること25年が経ちました。

これらの学びと経験が熟したタイミングで、千葉県の船橋市にローフード・リビングフード教室の起ち上げたのは30代終わりのこと。
大変有難いことに、沢山の生徒様に恵まれ充実した毎日でしたが、米国Hippocrates Health Instituteとの出会いが大きな転機に。

そこでは、60年に及ぶ実績とサイエンスデータに基づく食養系のリビングフードに、心理学、エネルギーワーク、ボディワーク、エクササイズを組み合わせたBody・Mind・Spiritの調和を目指す、総合的な3週間のデトックス&ヘルスプログラムが提供されていました。

そして3週間のプログラムを終えた時、心、身体、さらに意識までもが変わった自分がいたのです。

包括的なアプローチによる「出す・手放す・開放すること」のパワフルさ。
これに衝撃と感動を覚え、後に本格的にHippocrates Health Instituteで学びヘルスエデュケーターの認定を受けました。

帰国後は、3週間の休暇が取りづらい日本の環境を考慮し、3週間よりも短い期間で海外のヘルスプログラムと同じレベルのベネフィットを引き出すことを目標に、アランと共に知識と経験を結集し研究に研究を重ねる日々。
こうしてできたものが、ファスティングを軸に、心・身体・エネルギーフィールドに総合的に働きかけながらデトックスを促すマインドフルネスクレンズとオルタナティブファストです。

現在はデトックス&クレンジングを通じて、クライアント様が本来の感性と輝きを甦らせ、ありのままのご自身でハッピーに生きるお手伝いをしております。

おひとりおひとりが安らぎと幸せに満たされることで、そのバイブレーションがどんどん広がり、御家庭が、職場が、コミュニティーが、世界が愛と平和のエネルギーに包まれることを願いながら。

————————————————————————————————————————————————

Alan Sharp アラン・シャープ
Singing Bowl Sounder & Broadcast Engineer
シンギングボウルサウンダー
ブロードキャストエンジニア

1962年ケント生まれ、ロンドン育ち。
20代からBBC (British Broadcasting Corporation – 英国放送協会)を中心に放送業界にて25年に渡り、研究開発とエンジニアリングで活躍。
その後、ライフサイエンスへの関心から、大学機関、ドクターやヘルスエキスパートのもと学びを深める傍ら、ホリスティックな生き方のためのボディ・マインド・スピリットの浄化、調和、活性の研究と探求を始める。

細胞やエネルギーフィールド含む全ての存在にはバイブレーションがあり、そのバイブレーションの乱れが不調の原因となるだけでなくデトックスを妨げるという考えのもと、Mindful-Trinityのデトックス&クレンジングプログラムにバイブレーショナルセラピーを導入。チベットのテンプルシャーマンの流れを受け継ぐシンギングボウルヒーリングと、心理学をベースにしたサウンドセラピーを融合させたシンギングボウル:ジェネシスサウンドセラピーとサウンドメディテーテョンに高い評価を得る。

また、メインストリームをカバーしてこそホリスティックサイエンスがより力強いものになるとの考えから、先進のサイエンスと自然療法を融合させた本質のあるホリスティックヘルス、デトックス&クレンジングのスペシャリスト養成講座を提供している。

これまでの学び
・英国Manchester University大学院生物情報科学プログラム修了
・英国Brunel Universityデータコミュニケーション修士
・英国University of Surreyイメージングリサーチ修士
・米国Cornell University, Plant Based Nutrition Course 修了
・米国Hippocrates Health Institute, 公認ヘルスエデュケーター
・オーストラリアPermaculture Research Institute, パーマカルチャーデザインティーチャーコース修了
・シンギングボウルサウンドヒーリング (シュリー・K・シャヒに師事)
・シンギングボウルサウンドトリートメント (パトリウス・W・スパンに師事)